聖書の言葉
7サマリアの女が水をくみに来た。イエスは、「水を飲ませてください」と言われた。

8弟子たちは食べ物を買うために町に行っていた。

9すると、サマリアの女は、「ユダヤ人のあなたがサマリアの女のわたしに、どうして水を

飲ませてほしいと頼むのですか」と言った。ユダヤ人はサマリア人とは交際しないからである。

10イエスは答えて言われた。「もしあなたが、神の賜物を知っており、また、『水を飲ませて

ください』と言ったのがだれであるか知っていたならば、あなたの方からその人に頼み、

その人はあなたに生きた水を与えたことだろう。」

11女は言った。「主よ、あなたはくむ物をお持ちでないし、井戸は深いのです。どこからその

生きた水を手にお入れになるのですか。

12あなたは、わたしたちの父ヤコブよりも偉いのですか。ヤコブがこの井戸をわたしたちに

与え、彼自身も、その子供や家畜も、この井戸から水を飲んだのです。」

13イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでもまた渇く。

14しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で

泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」

15女は言った。「主よ、渇くことがないように、また、ここにくみに来なくてもいいように、

その水をください。」

16イエスが、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい」と言われると、

17女は答えて、「わたしには夫はいません」と言った。イエスは言われた。「『夫はいません』

とは、まさにそのとおりだ。

18あなたには五人の夫がいたが、今連れ添っているのは夫ではない。あなたは、ありのままを

言ったわけだ。」

19女は言った。「主よ、あなたは預言者だとお見受けします。

20わたしどもの先祖はこの山で礼拝しましたが、あなたがたは、礼拝すべき場所はエルサレムに

あると言っています。」

21イエスは言われた。「婦人よ、わたしを信じなさい。あなたがたが、この山でもエルサレムでも

ない所で、父を礼拝する時が来る。

22あなたがたは知らないものを礼拝しているが、わたしたちは知っているものを礼拝している。

救いはユダヤ人から来るからだ。

23しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時で

ある。なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。

24神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。」

25女が言った。「わたしは、キリストと呼ばれるメシアが来られることは知っています。その方が

来られるとき、わたしたちに一切のことを知らせてくださいます。」

26イエスは言われた。「それは、あなたと話をしているこのわたしである。」

 











ヨハネによる福音書  4 章 7~26 節     
写真をクリックすると大きくなります
イエスのいう「野の花」とは、上の写真のアネモネをさしていたと思われます。
この愛らしい花は、こんにちでも早春に、中東の丘や草原に咲きみだれます。
聖書の言葉
写真をクリックすると大きくなります
イエスのいう「野の花」とは、上の写真のアネモネをさしていたと思われます。
この愛らしい花は、こんにちでも早春に、中東の丘や草原に咲きみだれます。
アネモネ
ホーム

泉北伝道所紹介

月報巻頭言

聖書の言葉

初めての方へ

アルバム

地図
自分の命の事で何を食べようか、何を飲もうか、また自分の体の事で何を着ようかと言って思い悩むな。

命は食べ物より大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。

あなたがたは空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈入れもせず、倉に納めもしない。

だが、あなたがたの天の父は鳥を養って下さる。

あなたがたのうちだれが、思い悩んだからと言って、寿命をわずかでも延ばすことができようか。

なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意してみなさい。

働きもせず、紡ぎもしない。

しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえこの花の一つほどにも着飾ってはいなかった。

今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。

まして、あなたがたにはなおさらのことではないか。信仰の薄い者たちよ。

だから、「何を食べようか」「何を飲もうか」「何を着ようか」と言って、思い悩むな。

それはみな、異邦人が切に求めているものだ。

あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。

何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えてあたえられる。

だから、明日の事まで思い悩むな。明日の事は明日自らが思い悩む。

その日の苦労は、その日だけで十分である。








ー野の花ー
マタイによる福音書  6章