主任者 山口 浩
                           ―牧師からのメッセージ


  泉北伝道所ホームページにようこそおいで下さいました。わたしは牧師の安田 修と申します。
わたしとキリスト教との出会いは、5歳のとき、姉に連れられて教会の幻灯会に出席したのが最初
でした。その後、小学校、中学校時代は教会の日曜学校に出席し、高校時代は大人の礼拝に出席し
ていました。そして、神様の不思議なお導きにより、24歳のとき日本キリスト教会豊中伝道教会
(現豊中中央教会)林嗣夫牧師より洗礼を受け、その後、教会活動を続け、61歳のとき、牧師に
なる決断を与えられ、2014年4月以降、日本キリスト教会泉北伝道所に仕えています。神様は
慈しみ豊かなお方で、欠点の多い、わたしのような者を、恵みと憐れみをもって導いて下さいまし
た。このような私自身が受けた恵みと喜びを、多くの皆様に経験していただきたいと心から願って
おります。どうか、一度教会に足を運んでみてください。
お会いできるときを楽しみにしております。
説教中
                       ―聖書からの招きの言葉―


《疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和
で謙遜な者だから、わたしの軛(くびき)を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなた方は安
らぎを得られる。わたしの軛(くびき)は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。》

                                               (マタイによる福音書 11 章 28 節~)


《愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、
神を知っているからです。神は独り子を世にお遣わしになりました。その方によって私たちが生きる
ようになるためです。》
                                    (ヨハネの手紙 一 4 章 7 節~)


《こう言われているからです。
  「人は皆、草のようで、
  その華やかさはすべて、草の花のようだ。
  草は枯れ、花は散る。
  しかし、主の言葉は永遠に変わることはない。」》
            
                                                       (ペトロの手紙 一 1 章 24 節)

 

 

略 歴  大阪府大阪市出身。1943 年生。1967 年 受洗。
     大阪大学工学部を1966 年に卒業し、橋梁・鉄骨
     メーカーに就職し、主に研究・開発・生産関係の

     技術者として歩み、2007 年に退社。2005 年に
     牧師となる志を与えられ、2013 年牧師となり
     現在に至る。妻由起子との間に 2子を授かる。
 
牧師紹介

牧 師  安田 修(やすだ おさむ)
ホーム

泉北伝道所紹介

月報巻頭言

聖書の言葉

初めての方へ

アルバム

地図
教会略歴

1982 年 4 月     豊中中央教会泉北集会開始
1988 年 5 月     近畿中会泉北伝道所開設
            
1994 年 5 月     主任者 有賀文彦
2014 年 4 月     牧師  安田 修
2016 年 5 月     新会堂に移転
  
泉北伝道所紹介