「最後に言う。主に依り頼み、その偉大な力によって強くなりなさい。……霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。
どのような時にも、“霊”に助けられて祈り、願い求め、……絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。」(10-18節)

 

     エフェソへの信徒への手紙6 : 10 - 20   

 



  教師  武田 晨一 
月報巻頭言
泉北伝道所 月報 2021年7月

人間の生きて行く所に戦いのない世界はありません。生活を支える経済活動も立派な戦いです。受験競争も出世競争もあります。

生存のための闘争の場は今も昔も変りません。何事も戦わなければ勝利を手にすることはできません。実は、信仰生活にも戦いがあり

ます。信仰は恵みによって与えられた賜物であると同時に、戦いなしに勝ち取ることはできないのです。何故なら、世俗の力、悪の力、

即ち、神を神としない人間の野心と欲望の渦巻く中に、私たちは生きているからです。


 そうした中で世俗に流されずに、信仰に堅く立って生き抜くためには、戦わなければならないのは当然です。今日のキリスト者は

あまりにも消極的で無防備です。戦いの態勢ができていません。そして勝つために大切なことは武装することです。しかし武装と言っ

ても、血を流して戦う武器を持つことではありません。「神の武具を身に着け」 「悪の諸霊」(13,12節) と戦う武装です。私たちは、この

神の武具による武装をしていないために簡単に悪魔の力に落ちて節操を失い、仕方がなかったと諦めてしまいます。


 これらの武装には防備の武装、「真理の帯、正義の胸当、平和の福音を告げる履物、信仰の楯、救いの兜」(14-16節) があります。

更に大切なのは攻撃の武器です。それは「霊の剣、すなわち神の言葉」と「祈り」(17-18節) です。イエス・キリストが、あの荒野の誘惑で

悪魔の攻撃に負けることなく、打ち破ったのは、神の言葉によって戦われたからでした。

 
 私たちにとってさらに有力な武器は祈りです。毎日の生活の中で私たちは様々な問題に出会います。問題のない人は一人もいないで

しょう。健康上の問題、人間関係のトラブル、また誘惑があります。そのような時、霊に助けられて祈ることが出来るなら、何と大きな

力を得ることでしょう。祈りは、神に助けを求め、神の御手に全ての重荷を委ねることです。神は祈りを通して私たちに働いて下さる

のです。祈る者に絶望はありません。祈りは救いの門を開く恵みの力であります。また祈ることによって救われ、平安を得るのです。

「どのような時にも、‟霊”に助けられて祈り、願い求め、……絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。」(18節) とあります。神の

言葉と祈りの二つの武器を持っていれば、信仰が揺らぐことなく、例えどんな悪条件の中にあっても、恐れることなく前に進んで行く

ことができます。それは主イエスが、すでに勝利された道です。










ホーム

泉北伝道所紹介

月報巻頭言

聖書の言葉

初めての方へ

アルバム

地図

月報巻頭言集
 2013- 2019年

 2021年 1月
 2021年 2月
 2021年 3月
 2021年 4月
 2021年 5/6月
   2021年 7月 
   2021年 8月
 2021年 9月
     主に依り頼み、その力によって