わたしは終りの事を初めから告げ、/ まだなされていない事を昔から告げて言う、

『わたしの計りごとは必ず成り、/ わが目的をことごとくなし遂げる』と。」(口語訳 10 節)

   = イザヤ書 46 : 1 - 13 =



2019年  1月2019年  2月
2019年  3月
2019年  4月2019年  5月
2019年  6月2019年  7月
2019年  8月
2019年  9月2019年10月
2019年11月
2013-2017年
月報巻頭言集
 教師  武田 晨一 
月報巻頭言
泉北伝道所 月報 2019年3月
  世界の覇者バビロン、その国の唯一の拠り所、最高の誇り、それはベル、ネボと呼ばれる偶像の神々でした。それは実に

絢爛豪華で全ての人を魅了しました。しかし、やがてそれらの神々はバビロンの王と共に没落すると預言者は言います。

 私たちが最も頼りにし、誇りにしている偶像とは何でしょうか。多くの人々にとって、それはやはり安定した経済力、

お金ではないでしょうか。私たちの国はあの敗戦の中から、ニューヨークのエンパイアステートビルを羨望し、豊かさに憧れて、

人々は形振り構わず、右肩上がりの経済成長にその生涯を捧げて来ました。しかし、産業革命に始まる今日の科学技術文明は、

やがて核の脅威を生み、今では、その経済構造にも大きな矛盾が生じて来ました。需要の拡大による大量消費は、果てしのない

自然破壊を生みます。これはフランクルが言う、何かを偶像化した結果です。絶対的価値の無いものを自己目的として、そこに

究極的な意味と最高の価値を見てきました。文芸復興、人間の発見に始まる近代文明は、人間の力と能力、その頭脳と理性に、

全能者の如き可能性を見ようとした文明ではないでしょうか。それは明らかに、人間が偶像の神になり代わったことです。

聖書の告げる如く、偶像には必ず終りの日、没落の時が来ます。私たちは、今、一つの文明、一つの歴史が消滅して行く変動期

に生きています。

 次に預言者は「残ったすべての者よ」(3節) と呼びかけます。残った者とは、戦いに敗れて生き残った人々のことです。ですから、

その前には徹底した破壊と挫折があります。頼りにしていた、誇りにしていた偶像に裏切られて涙する者が、そこで初めて、新しい

未来を告げる神の声を聞きました。それは「生れ出た時から、わたしに負われ、/…白髪となるまで、/…持ち運び、かつ救う。」

(3-4節)と、どんな挫折の中でも私はあなたの神であり続けると言う言葉でした。挫折を通して偶像の空しさ、愚かさを思う時、

誕生と滅亡を繰り返す歴史の中に一貫して変わることのない神の計画を知るのであります。

 この歴史には、神のご計画、神のご支配があります。偶像化した人間の思惑や力が支配するのではありません。明日の歴史に、

自分の生きる未来に、人間の思いを越えて、なおかつ信じることの出来る未来があります。現代の私たちは、イスラエルの民と同様、

神を見失った、歴史を失った根深い空しさの中にいます。預言者はその空しさと戦い、その空しい者に神の方から近づいて来て、

救いの計画が実行されると言います。そこに私たちは、人の思いを越えた、神に在る未来を見るのであります。

















ホーム

泉北伝道所紹介

月報巻頭言

聖書の言葉

初めての方へ

アルバム

地図
   苦悩の中に何を見るか 」